ミナト電気は、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます

 

SDGs(持続可能な開発目標)とは
 

2015年9月25日-27日、国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

 


ミナト電気のSDGs(持続可能な開発目標)への取組み
 

再生可能エネルギーを普及させ、地球環境に貢献

 


ミナト電気では 「電気工事を通して社会および地球環境保護に貢献する」という経営理念のもと、太陽光発電所のご提案→調査→施工→管理まで一貫して行うことで、再生可能エネルギーインフラを安全な管理体制のもと促進させます。

2012年に施行された「固定価格買取制度(FIT法)」により、産業用太陽光発電所が急増し再生可能エネルギーが普及した反面、設置後のトラブルも増加しました。このトラブル改善のため発電所のメンテナンス事業をはじめ、再生可能エネルギーの持続的な普及に取組み、来るべき脱炭素社会へ貢献します。


 

多様な組織や企業間での交流・連系
 


ミナト電気では再生可能エネルギーの普及のため、業界の最先端の情報を組織・企業間で共有し、パートナーシップを通じて持続可能な開発目標達成のより早い実現を目指します。

加盟団体
・新エネルギー革命会
http://www.energyvision.tv/

・日本PVプランナー協会
http://pv-planner.jp/


 


多様性に対応する職場環境づくり
 


ミナト電気では男性も女性も分け隔てなく活躍できる機会をつくり、子育てや介護などの事情に合わせて働くことができる職場環境づくりに取組んでいます。


 

 
外務省 JAPAN SDGs Action Platform→